WEB予約 LINE予約 TEL

産後の膝痛は体幹の筋力不足 | 金剛駅1分 大阪狭山市半田の産前産後骨盤矯正院

完全予約制・託児スタッフ常勤
〒589-0011大阪府大阪狭山市半田1-647-3
ユートピアハイツ金剛101号室
診療時間
070-9024-2981
WEB予約
LINE予約

金剛駅1分 大阪狭山市半田の産前産後骨盤矯正院

金剛駅1分 大阪狭山市半田の産前産後骨盤矯正院

2022.08.26 | Category: 産後

こんばんは!

産前産後専門治療院 Kurumiです!

 

 

 

出産後のお身体の不調で

「膝の痛み」

は結構多いです。

 

 

 

産後ママさんは経験された方もいるのではありませんか?

 

 

 

膝の周辺の筋肉のマッサージなどで痛みを和らげることをすることが多いですが、

 

 

 

それだけでは根本的な解決には繋がりません。

 

 

 

原因が膝にはないからです。

 

 

 

では原因はどこにあるのでしょうか?

 

 

 

今日は膝の痛みの原因の一つをお伝えしていきますね。

 

 

 

 

膝痛の原因の一つ、ズバリそれは

 

 

 

体幹、主に腹筋(腹横筋など)の筋力不足です。

 

 

 

出産後は腹筋が使えなくなることがほとんどです。

 

 

 

これは妊娠中にお腹が大きくなって筋肉が引き伸ばされることによります。

 

 

 

腹筋が上手く使えなくなると

日常生活の体の使い方はどうなるでしょうか?

 

 

 

例えば赤ちゃんを抱っこする際に骨盤を前に突き出したような姿勢になることが多いです。

 

 

 

骨盤を前に突き出してそこに赤ちゃんを乗せて支えるイメージですね。

 

 

 

そうなると太ももの特に前や外側の筋肉が過剰に働くことによって赤ちゃんの重みを支えるようになります。

 

 

 

太ももの前や外の筋肉は膝の関節をまたいで膝から下の骨にくっつきます。

 

 

 

なので太ももの筋肉が過剰に働き、緊張して硬くなる事で膝の痛みに繋がるわけなのです。

 

 

 

根本的に改善させようと思ったらまずは体幹の筋肉をしっかりと使えるような体にすること。

 

 

 

これが膝の痛みの解消に繋がるのです。

 

 

 

太ももの筋肉をマッサージして緩めるのも痛みを和らげれますが一時的にしかすぎませんよ。

 

 

 

ぜひ当院の産後骨盤矯正で再発しない体づくりをしていきましょう!

 

 

 

大阪狭山市・富田林市で唯一の産前産後専門院

産前産後専門院治療院Kurumi

大阪狭山市半田1-647-3

ユートピアハイツ金剛101

南海高野線「金剛駅」徒歩1分

070-9024-2981

2022.08.23 | Category: 産後

こんにちは!

産前産後専門治療院Kurumiです!

 

 

今日は当院で行う産後骨盤矯正についてお伝えしていきます。

 

 

私は今までに産後ママさんの施術をさせていただく中で、常に仮説と検証を繰り返しながらお悩みに対して向き合ってきました。

 

 

妊娠期間中に女性の体は特別な変化を起こすので、専門的にまた勉強する必要があります。

 

 

数年かけて、また現在進行形で専門的に勉強しているので、しっかりと産後ママさんのお悩みに向き合えると自負しています。

 

 

骨盤だけでなく「胸郭」「足指」「骨盤底筋群」「横隔膜」などあらゆる部分にアプローチしていきます。

 

 

また当院は「AZUMA式産後骨盤矯正認定院」です。

 

 

全国のママさんから絶大なる信頼を得ている妊産婦専門家の東先生に直接ご指導いただき習得した「AZUMA式産後骨盤矯正」をベースとし、

 

 

私自身培ってきた知見を組み合わせ施術を行っていきます。

 

 

東先生は昨年12月まで富田林市小金台にある「鍼灸整体リーフ」という整骨院に勤務されていました。

 

 

今はもうリーフを退職なさって大阪市内にて独立開業されました。

 

 

 

鍼灸整体リーフにて東先生の施術を受けることはできなくなりましたが「AZUMA式産後骨盤矯正」と私「古谷優介」という新たな要素をかけ合わせた「Kurumi」で富田林市・大阪狭山市の産後ママさんのサポートをしていきたいと思っています。

 

 

今までどこの整骨院に行っても良くならなかったという方はぜひ一度ご相談ください。

 

 

大阪狭山市・富田林市唯一の産前産後専門院

産前産後専門治療院 Kurumi

大阪狭山市半田1-647-3

ユートピアハイツ金剛101

南海高野線「金剛駅」徒歩1分

070-9024-2981

2022.08.19 | Category: 産後

こんにちは!

産前産後専門治療院 Kurumi です!

 

 

 

当院では産後骨盤矯正を行っていますが、骨盤矯正だからといって、骨盤だけを整えるのではありません。

 

 

 

 

それは妊娠という約10ヶ月間で体に変化を起こすのが骨盤だけではないからです。

 

 

 

やはり、体全体を機能的に妊娠前の状態に戻しておかないと、この先何十年とある生活を健康的に過ごせません。

 

 

 

なので当院では、骨盤以外の部分も施術していきます。

 

 

 

そのうちの一つ、今日お話するのは「胸郭」です。

 

 

 

胸郭とは「胸骨」「肋骨」「胸椎」で構成される部分全体のことを言います。

 

 

この胸郭が妊娠することによって次のような変化を起こします。

①子宮の成長とともに肋骨が広がり、胸囲が大きくなる。肋骨角が90度以上になる。

②横隔膜が3〜4cm押し上げられる。

③横隔膜の骨盤底筋との連動した動きに機能低下を起こす。

 

 

 

胸郭にこのような変化が起こると次のような体型の崩れが起こります。

・寸胴体型

・アンダーバストが広がる

・お腹が凹みにくい

などなど

 

 

 

授乳期が終わって胸の大きさが戻っても、下着がパツパツというお悩みを訴える方も少なくありません。

 

 

 

これはアンダーバストが広がっているせいでパツパツになってしまうのです。

 

 

 

胸郭を整えずに呼吸機能が回復しないので、体型改善の根源を取り除けず、いつまでたっても体型が変わらないということが起こってしまいます。

 

 

 

ここまで考えた上で施術してくれる整骨院はそう多くはないでしょう。

 

 

 

ぜひ、整骨院選びの参考にしてみてくださいね!

 

 

 

大阪狭山市・富田林市唯一の産前産後専門院

産前産後専門治療院Kurumi

大阪狭山市半田1-647-3

ユートピアハイツ金剛101

南海高野線「金剛駅」徒歩1分

070-9024-2981

 

2022.08.18 | Category: 産後

こんにちは!

産前産後専門治療院Kurumiです!

 

 

みなさんは「骨盤底筋群」って聞いたことはありますか?

 

 

あまり聞き慣れない筋肉名ですよね。

知らない方も多いと思います。

 

 

骨盤底筋とは、その名の通り骨盤の底についていて

恥骨や坐骨、尾骨を繋ぐようにハンモック状に張られた筋肉の総称です。

 

骨盤底筋群には次のような働きがあります。

①骨盤の歪みを防ぐ

②背骨を安定させる。

③内臓を正しく機能させる。

④排泄と経血をコントロール

⑤妊娠・出産のサポート

 

 

このように一般的によく知られている筋肉ではないのですが

体の機能をサポートしてくれる縁の下の力持ち的な存在の筋肉なのです。

 

 

この骨盤底筋群は、妊娠中骨盤が開くことや、大きくなっていく子宮を支えるためにかなり負担がかかっています。

 

 

また、お産の際にも大きい負担がかかり、いわば損傷した状態になってしまいます。

 

 

なので出産後は、この機能低下してしまった骨盤底筋群を回復させる必要があります。

 

 

骨盤底筋がしっかり働くようになると、体はこう変わります。

・尿漏れや頻尿が解消される

・ぽっこりお腹がすっきりしやすくなる

・便秘が解消される

・垂れ尻がキュッと引き上がる

・姿勢が整う

・腰痛や肩こりが改善される

・代謝が上がり、痩せやすい体に

 

 

当院ではマタニティ整体や産後骨盤矯正といった施術の中で

骨盤底筋群のトレーニング方法を指導しています。

 

 

特に産後はしっかりと機能を回復させて健康な体作りをしていきましょう!

 

 

大阪狭山市・富田林市で唯一の産前産後専門院

産前産後専門治療院 Kurumi

大阪狭山市半田1-647-3

ユートピアハイツ金剛101

南海高野線「金剛駅」徒歩1分

070-9024-2981

2022.08.10 | Category: 産後

こんにちは!
産前産後専門治療院Kurumiです!


今日は産後ママさんのお悩みの1つ「下半身太り」についてお話します。

 

「妊娠前より太ももが太くなって戻らない、、、」
「太ももがパツパツでズボンがキツイ、、、」


 

このように感じたことのあるママさんは多いと思います。

 



なぜ産後は下半身が太くなってしまうのか?


 

考えられる1つの原因が「筋肉の使いすぎによる膨隆」です。

 


妊娠中は子宮の中で赤ちゃんが大きくなっていきお腹が膨らみますよね。


 

 

そうなると腹筋はどんどん引き伸ばされてしまい、腹筋に力が入りづらくなってしまいます。


 

出産後もそのような状態で育児や家事を行うことになります。


 

例えば子どもを抱っこする際、本来なら腹筋(体幹)に力を入れ抱っこできるのが理想ですが、

 

 

腹筋に力が入らないと骨盤を前に突き出した姿勢で抱っこされる方が多いです。   

 

 

このような姿勢の時に、どこの筋肉が過剰に働き子どもを支えているか

 

 

それが下半身、特に太ももの前や外側の筋肉です。

 

 

子どもを抱っこする時に限ったことではありません。

 

 

日常生活のあらゆる動作で体幹の力が弱いと、次に大きな筋肉である太ももの筋肉を使って体を支えようとするのです。

 

 

つまり、無意識に常に太ももの筋肉を使いすぎている状態なのです。

 

 

そうなると筋肉がパンパンに張り、盛り上がったような状態になるので、太くなりいわゆる「下半身太り」となってしまうのです。

 

 

 

(さらに…)

2022.07.27 | Category: 産後

こんにちは!
産前産後専門治療院 Kurumiです。

 


みなさんは 「骨盤底筋」という筋肉、知っていますか?


最近ではポピュラーになったワード「膣トレ」に関連して耳にしたことがある人も多いと思います。


骨盤を下(底)からハンモックのように支える薄い筋肉です。


妊娠中はお腹が大きくなり、骨盤も徐々に開いていくので、この骨盤底筋も徐々に緩んでいきます。


お産の際にはもちろんこの骨盤底筋は緩んでいる必要があるのですが、実は緩みっぱなしでは良くないのです。


多少は収縮する力を残しておく方が、お産の際に、赤ちゃんを押し出すのに力を発揮してくれます。


なので妊娠中からある程度は骨盤底筋のトレーニングをしておくことをオススメします。


これだけでも多少はお産がスムーズに進むはずですよ!


そしてある程度の収縮力を残しておくと、産後の体の回復も早くなります。


ぜひ、妊娠中から意識して骨盤底筋に力が入る感覚を養うトレーニングをしていきましょう!!


産前産後専門治療院 Kurumi
大阪狭山市半田1-647-3
ユートピアハイツ金剛101
南海高野線「金剛駅」徒歩1分
070-9024-2981

2022.07.21 | Category: 産後

こんにちは!

産前産後専門治療院 Kurumi です。

 

 

早速ですが、みなさん!

「産後骨盤矯正」と聞くと

「いつまでにすれば良いの?」と疑問を抱く方は少なくないでしょう。

 

 

みなさん、どう思いますか?

 

 

一年以内?一般的にそう聞くことが多いかもしれませんね。

 

 

でも私の答えは N o !! です。

 

 

産後は何年経っても産後であるのには変わりません!!

 

 

産後ケアはリハビリと一緒です。

妊娠・出産でママさんの体は交通事故レベルの損傷を負います。

骨盤だけに限った話ではないのです。

 

 

機能的に妊娠前の状態に戻す必要があります。

 

 

これは今後も健康的に長生きしていくためには必要なのですが、もし産後すぐにケアをおこなっていなかったママさん、これを見ていたら、、、安心して下さい。

 

 

たとえ、2〜3年経過していたとしても、ケアしていなかったのであればするべきです。効果がないなんてことはないです。

 

 

開いた骨盤を閉めるのが産後骨盤矯正と思われている方(整骨院側も含めて)が多いですが、そんな単純なものではないです。

 

 

重心・姿勢・呼吸・骨盤底筋、、、

あらゆる部分を機能的に妊娠前の状態に戻す必要があります。

 

 

これは産後何年経過していても変えていける部分です。

 

 

その延長線上に「下っ腹が凹む」とか「ズボンが履けるようになった」「体重が落ちた」といったお悩みも解消されるのです。

 

 

もし、産後2〜3年経つママさんでも一度もケアをしてこられなかったのであればぜひ診させていただきますので、お気軽にご連絡下さいね。

 

 

産前産後専門治療院 Kurumi

大阪狭山市半田1-647-3

ユートピアハイツ金剛101

南海高野線「金剛駅」徒歩1分

070-9024-2981

 

2022.07.20 | Category: 産後

こんにちは!

産前産後専門治療院 Kurumiです。

 

 

今日は妊娠中や産後に多いお悩みの一つ

「かかとの痛み・カサカサ」についてお話していきます。

 

 

今までにたくさんの妊婦さんや産後ママさんを診させてもらってきましたが、

「かかとが痛い!」とか「急にかかとの皮膚がカサカサになってきた…」

と訴える方、結構多いんです。

 

 

これ、なぜだかわかりますか?

 

かかとのカサカサを「もう歳も歳だから仕方ないわ…」と

年齢のせいにしている方もいるのではないでしょうか?

 

 

これ、実は年齢はあまり関係なく、妊娠中に起こる姿勢の変化が原因なのです。

 

 

前回の記事にも書きましたが、

妊娠中はお腹が大きくなり、体の重心が少し前に移動します。

 

 

そして、体がそれ以上前に倒れないようにバランスを取ろうとするため、

足元ではかかと(後ろ側)に体重を乗せようとします。

 

 

かかとに体重が乗ると、そこに圧力がかかり、負担となって痛みが出やすくなりますし、

皮膚も硬く乾燥したようにカサカサになってしまいます。

 

 

これがかかとの痛みやカサカサの大きな要因です。

 

 

なのでかかとに保湿クリームなどを塗ったりしてもなかなか改善はしにくいのです。

 

 

かかと重心になっているのを足裏全体に体重が乗るようにしないと

かかとの不調だけでなく腰痛などあらゆる不調につながります。

 

 

当院では、こういった部分にも着目し、足指の整体を行うこともあります。

 

 

不調を根本から治し、再発しにくい体づくりを一緒にやっていきましょう!

 

 

産前産後専門治療院 Kurumi

大阪狭山市半田1-647-3

ユートピアハイツ金剛101

南海高野線「金剛駅」徒歩1分

070-9024-2981

2022.07.19 | Category: 産後

こんにちは!

産前産後専門治療院 Kurumiです。

今日は妊娠中に起こる姿勢の変化についてお話していきます。

 

 

一度経験をしたことがある方は特にわかると思いますが、まず一番大きな変化は「お腹が大きくなっていく」ということですよね?

 

 

子宮の中で赤ちゃんが成長していくのでこれは避けて通れない変化です。

 

ではお腹が大きくなっていくと姿勢は全体的にどう変化するか。

多いパターンとしては

 

●かかとに体重を乗せる

●背中を丸くする

●顔を前に突き出す

 

 

こうすることで全体的にバランスを保とうとします。〔必ずこうなるとはかぎりません〕

 

こういう姿勢を妊娠中取り続けることにより

出産後もこの姿勢のまま生活することになってしまいます。

 

 

そしてこの姿勢が

・下っ腹が凹まない

・パンツが履けなくなった

・腰が痛い

などのお悩みの原因となるのです。

 

 

このようなお悩み、ぜひ解消させたいですよね?

 

解消するにはこの悪い姿勢を改善させる必要があるのですが、

今日はポイントを1つ絞ってどうすれば良いかをお伝えします。

 

 

それはズバリ!

「背中のストレッチ」をする事です。

筋肉名でいうと「広背筋」のストレッチです。

「背中を丸くする」という姿勢は背中の筋肉、特に広背筋をガチガチに硬くしてしまいます。

 

この広背筋をストレッチして柔らかくすることが産後のお悩みを解消する1つの方法になります。

 

 

妊娠中から行っておくことで産後の回復を早めることにもなりますし、妊娠中のトラブルの軽減にもつながります。

 

 

当院ではこの広背筋のストレッチもしっかり指導していきます。

ぜひ妊婦さん産後ママさんは家でもやるよう心がけて下さいね。

 

 

産前産後専門治療院 Kurumi

大阪狭山市半田1- 647- 3 ユートピアハイツ金剛101

南海高野線 「金剛駅」徒歩1分

070-9024-2981