WEB予約 LINE予約 TEL

産後の下半身太りが痩せない原因 | 金剛駅1分 大阪狭山市半田の産前産後骨盤矯正院

完全予約制・託児スタッフ常勤
〒589-0011大阪府大阪狭山市半田1-647-3
ユートピアハイツ金剛101号室
診療時間
070-9024-2981
WEB予約
LINE予約

金剛駅1分 大阪狭山市半田の産前産後骨盤矯正院

金剛駅1分 大阪狭山市半田の産前産後骨盤矯正院

HOME > BLOG一覧 > 産後の下半身太りが痩せない原因
2022.08.10 | Category: 産後

こんにちは!
産前産後専門治療院Kurumiです!


今日は産後ママさんのお悩みの1つ「下半身太り」についてお話します。

 

「妊娠前より太ももが太くなって戻らない、、、」
「太ももがパツパツでズボンがキツイ、、、」


 

このように感じたことのあるママさんは多いと思います。

 



なぜ産後は下半身が太くなってしまうのか?


 

考えられる1つの原因が「筋肉の使いすぎによる膨隆」です。

 


妊娠中は子宮の中で赤ちゃんが大きくなっていきお腹が膨らみますよね。


 

 

そうなると腹筋はどんどん引き伸ばされてしまい、腹筋に力が入りづらくなってしまいます。


 

出産後もそのような状態で育児や家事を行うことになります。


 

例えば子どもを抱っこする際、本来なら腹筋(体幹)に力を入れ抱っこできるのが理想ですが、

 

 

腹筋に力が入らないと骨盤を前に突き出した姿勢で抱っこされる方が多いです。   

 

 

このような姿勢の時に、どこの筋肉が過剰に働き子どもを支えているか

 

 

それが下半身、特に太ももの前や外側の筋肉です。

 

 

子どもを抱っこする時に限ったことではありません。

 

 

日常生活のあらゆる動作で体幹の力が弱いと、次に大きな筋肉である太ももの筋肉を使って体を支えようとするのです。

 

 

つまり、無意識に常に太ももの筋肉を使いすぎている状態なのです。

 

 

そうなると筋肉がパンパンに張り、盛り上がったような状態になるので、太くなりいわゆる「下半身太り」となってしまうのです。

 

 

 

下半身を引き締めたいと思って産後すぐに下半身のトレーニングをされる方がいますが、ただでさえ日常的に使いすぎている状態なのに、トレーニングをすることでよりパンパンになり太くなってしまいます。

 

 

まずは腹筋(体幹)、それも一般的な「上体起こし」で鍛えられる腹筋ではなく腹式呼吸などを用いてインナーマッスルを使える体にすること。

 

 

体幹がしっかり働けば、おのずと下半身の筋肉にかかる負担は減るので、下半身太りが解消されやすくなります。

 

 

トレーニングする順番を誤らないようにしなくてはいけません。

 

 

ぜひ覚えておいて下さいね。

 

 

大阪狭山市 富田林で唯一の産前産後専門院

「Kurumi」

大阪狭山市半田1-647-3

ユートピアハイツ金剛101

南海高野線「金剛駅」徒歩1分

070-9024-2981