WEB予約 LINE予約 TEL

妊娠中の姿勢の変化 | 金剛駅1分 大阪狭山市半田の産前産後骨盤矯正院

完全予約制・託児スタッフ常勤
〒589-0011大阪府大阪狭山市半田1-647-3
ユートピアハイツ金剛101号室
診療時間
070-9024-2981
WEB予約
LINE予約

金剛駅1分 大阪狭山市半田の産前産後骨盤矯正院

金剛駅1分 大阪狭山市半田の産前産後骨盤矯正院

HOME > BLOG一覧 > 妊娠中の姿勢の変化
2022.07.19 | Category: 産後

こんにちは!

産前産後専門治療院 Kurumiです。

今日は妊娠中に起こる姿勢の変化についてお話していきます。

 

 

一度経験をしたことがある方は特にわかると思いますが、まず一番大きな変化は「お腹が大きくなっていく」ということですよね?

 

 

子宮の中で赤ちゃんが成長していくのでこれは避けて通れない変化です。

 

ではお腹が大きくなっていくと姿勢は全体的にどう変化するか。

多いパターンとしては

 

●かかとに体重を乗せる

●背中を丸くする

●顔を前に突き出す

 

 

こうすることで全体的にバランスを保とうとします。〔必ずこうなるとはかぎりません〕

 

こういう姿勢を妊娠中取り続けることにより

出産後もこの姿勢のまま生活することになってしまいます。

 

 

そしてこの姿勢が

・下っ腹が凹まない

・パンツが履けなくなった

・腰が痛い

などのお悩みの原因となるのです。

 

 

このようなお悩み、ぜひ解消させたいですよね?

 

解消するにはこの悪い姿勢を改善させる必要があるのですが、

今日はポイントを1つ絞ってどうすれば良いかをお伝えします。

 

 

それはズバリ!

「背中のストレッチ」をする事です。

筋肉名でいうと「広背筋」のストレッチです。

「背中を丸くする」という姿勢は背中の筋肉、特に広背筋をガチガチに硬くしてしまいます。

 

この広背筋をストレッチして柔らかくすることが産後のお悩みを解消する1つの方法になります。

 

 

妊娠中から行っておくことで産後の回復を早めることにもなりますし、妊娠中のトラブルの軽減にもつながります。

 

 

当院ではこの広背筋のストレッチもしっかり指導していきます。

ぜひ妊婦さん産後ママさんは家でもやるよう心がけて下さいね。

 

 

産前産後専門治療院 Kurumi

大阪狭山市半田1- 647- 3 ユートピアハイツ金剛101

南海高野線 「金剛駅」徒歩1分

070-9024-2981