WEB予約 LINE予約 TEL

糖質とインスリンからみる妊娠体質とは | 金剛駅1分 大阪狭山市半田の産前産後骨盤矯正院

完全予約制・託児スタッフ常勤
〒589-0011大阪府大阪狭山市半田1-647-3
ユートピアハイツ金剛101号室
診療時間
070-9024-2981
WEB予約
LINE予約

金剛駅1分 大阪狭山市半田の産前産後骨盤矯正院

金剛駅1分 大阪狭山市半田の産前産後骨盤矯正院

2022.08.01 | Category: 不妊症

 

こんにちは!

産前産後専門治療院 Kurumiです!

 

今日は「糖質とインスリン」という観点から

妊娠体質をつくるお話をしていきます。

 

もともと私たちの体には「インスリン」とい

うホルモンによって血糖値を一定の範囲に

調整する機能が備わっています。

 

 

食事をすると血糖値が上がり、すい臓からイ

ンスリンというホルモンが分泌され血糖値を

下げるように作用します。

 

 

インスリンは細胞の中にブドウ糖を取り込む

ことによって、血糖値を下げます。

通常はこの働きによって食後数時間で血糖値

は正常の値に戻ります。

 

 

ところがご飯やパン麺類やスイーツなど糖質

が高い食品を過剰に摂取していると、インス

リンが過剰に分泌され続けることになりま

す。

 

 

そうなると、インスリンを分泌している

すい臓が疲れ切ってしまいます。

 

 

すい臓が疲れてしまうと、インスリンの分泌量が低下する、

もしくは、インスリン自体の機能が弱くなることで大量のインスリンが分泌され、

血糖値を正常に保とうとすることが起こります。

 

特に、このインスリンの働きが弱くなるということを「インスリン抵抗性」と言います。

 

 

インスリン抵抗性があることによって

インスリンが過剰に分泌されている状態が

続くと、無月経などの排卵障害が起こることが

わかっています。

 

代表的なところでいうと「多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)」という病気の原因にもなります。

 

 

健康で質の良い卵子を維持し、妊娠体質を作

るためにも、糖質を控えて適切な栄養をしっ

かり摂り、血糖値の値のコントロールをして

いきましょう。

 

 

 

産前産後専門治療院 Kurumi

大阪狭山市半田1-647-3

ユートピアハイツ金剛101

南海高野線「金剛駅」徒歩1分

070-9024-2981